にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ←よかったらプッシュお願いします

町内会の評議員活動

私の町内は古い慣習を守っている昔からの町民と
新興住宅に移り住んだ新しい町民とが
入り混じった新旧複合町民で構成されています。

そのため、何かの会合があるとなかなか色んな
意見があり、まとめるのが難しい状況にあります。

数年前までは、町の長老の方々が交代で役員をされて
おり、昔からの住民ばかりでしたから、皆おとなしく
従っていればよかったのですが、

10年ぐらい前から、新しい建売住宅に
他の地域から若い人が来られて町入りをされることになったり、
長老がだんだん高齢になりお亡くなりになったりで、町の役員も
順番に交替制(2年)なりました。従って順番がきたらよほどの
理由がなければ断れなくなり、去年から私も町の役を引き受けて
おります。

やれ祭りだ総会だと休日は打合わせ等でなかなかたいへんですが、
なんとか仕事のやりくりをして頑張ってますが

特に大変なのは、葬儀です。

当町では、昔から町内が原則葬儀を仕切るということになっており、
亡くなられたお宅に町の役員5名が全員で弔問にいき

葬儀の段取りを打合わせをし、

町内に訃報のお知らせを回覧し、

通夜、告別式の受付等を行ないます。
当然お寺さんへの支払い、葬儀社への支払い、香典の勘定等も行ないます。

また、場合によっては町内からお供え物代として
1千円を臨時徴収し、そのお金でお供え物を購入します。
当然喪主さんは、葬儀のあとは供え物を分けてお下がりとして
各戸へ配って歩くということになるのですが、これがまた大変です。

古くからの町民はわかっておられるので何ともないのですが

新しい住民には、なんでそんなお金を払うのか分からない人も多く
いちいち説明しなければならず大変です。
別に明文化された規則でもないので、強制でもないのですが、一応全町民に聞いて廻ってます。

亡くなられてから葬儀までは限られた短い時間ですし、
新興の町民は共稼ぎも多く留守宅が多くほんとうに疲れます。

でも役を引き受けた以上はがんばっております。続きは後日・・・・










posted by 鹿 at 10:15 | 日記


div>