にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ←よかったらプッシュお願いします

大宇陀の黒門

091129_111120.jpg


桜井から国道166号線で40分で到着です。長い上り坂が続きます。

黒門の正式名称は、「松山西口関門」といい、国の史跡に指定されています。西口関門の何に価値があるのか?それは「創建されてから、ずっとそこに在る」ことです。この門は平成13年度の発掘調査で間接的ではありますが、今から約400年前につくられたことが確認されています。

黒門横の宇田川です。
091129_111208.jpg


黒門最中や人麻呂最中、きみごろもなんかが有名な大宇陀の和菓子です。

特に最中はあづきがずっしりと入っており、お得ですヨ。

古代には阿騎野と呼ばれ、宮廷の狩場となった。柿本人麻呂が阿騎野で詠んだ歌

東(ひむかし)の野に炎(かぎろひ)の立つ見えてかへり見すれば月傾ぬ
タグ:大宇陀 黒門
posted by 鹿 at 18:36 | 日記


div>