にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ←よかったらプッシュお願いします

鑑真が生きた時代



鑑真→三省堂大字林によると、

がんじん 【鑑真】
(688-763) 奈良時代に渡来した唐の僧。日本の律宗の開祖。中国揚州大明寺で律を講じていたが、日本の学問僧の要請に応じ、五回の渡航失敗と失明にもかかわらず753年来日。東大寺大仏殿前に戒壇を設け、聖武上皇以下に授戒を行う。のち大和上(だいわじよう)の称号を贈られ、また唐招提寺のもとを築いた。

鑑真をもっと深く知りたくなってきました。奈良を知ることは
日本人の心を知ることにつながるはずです。





posted by 鹿 at 13:05 | 日記


div>