にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ←よかったらプッシュお願いします

せんとくん人気急上昇


「可愛くない」と酷評された平城遷都1300年祭(来年開催)の公式キャラクター「せんとくん」が、一転して人気を集めている。グッズの売り上げは4月以降、前月比50%増と好調で、今月には商品を集めた展示会もある。売り上げの一部は、平城遷都1300年記念事業協会に入るため、不況で寄付金集めに苦労する事業協会にとって、思わぬ「助け舟」となりそうだ。

 せんとくんの商標権は奈良県が所有し、事業協会が管理しているが、11年3月末まで、近鉄百貨店の一部門「平城遷都1300年記念事業マスターライセンシーオフィス」に管理を委託。売り上げの2%がライセンス使用料として事業協会に入る。

 県内に4カ所あるオフィシャルショップでは、今年1月から、ぬいぐるみや筆記用具、Tシャツなど約70種類を売り出した。さらに同オフィスと契約した80社が、菓子やタオルなどを、県内のほか東京や大阪などで販売している。

 発売と同時に売り上げは伸び、特に4月以降は前月比50%増のペースを維持。今年3月末までに事業協会に入ったライセンス使用料は約380万円だが、さらに増える見通しだ。


 1300年祭をPRできるイベントの主催者に無料で貸し出しているせんとくんの着ぐるみも引っ張りだこ。昨年8月以降、既に約200件のイベントに出演し、来年3月まで依頼があるという。せんとくん人気について事業協会は「『気持ち悪い』『可愛くない』などとマスコミに取り上げられたことで認知され、人気につながったのではないか」と分析する。

 同祭は、総事業費100億円のうち、20億円を寄付金で賄う方針だが、これまでに集まった寄付金は1%にとどまっている。事業協会は「ライセンス使用料は思わぬ副収入。今後も売り上げを伸ばしてほしい」と期待している。【阿部亮介】
出展:毎日新聞
posted by 鹿 at 16:28 | 日記


div>