にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ←よかったらプッシュお願いします

ノムさん続投望むファンの声


出るか「野村2010」−。楽天は日本ハムに同率首位に並ばれたが、5月に入っても好調を持続している。ところが野村克也監督(73)によると、今年でラストイヤーを通告している球団幹部の対応は冷たいものだという。

  野村監督は「最近(球団幹部の)顔を見ないだろ。何でか知ってる? 勝つから面白くないんだよ。これで勝たれたら、筋書きどおりにいかんと思ってるんだろう。(別の幹部も)勝ってもニコリともせんで、複雑な顔をしている」とボヤく。「俺は雇われマダム。チーママだからよ。クビになったら“お世話になりました”と言うしかない」と腹を固めている。

 そんな野村監督を強烈に後押しするのが、外野席に陣取る楽天の私設応援団だ。外野の応援をリードしている幹部は「野村監督が辞めてしまったら、せっかく人気が上がって、テレビなどの露出も増えてきたのに減ってしまう。Aクラスに入れば球団も切るなんてバカなことは考えないでしょう。体の続く限りやってほしい」と声を大にする。

 それだけに本当に解任なんてことになったら大変だが、楽天には、初代監督の田尾安志監督を1年で解任した“前歴”がある。前出の幹部は「田尾さんのときはあまりに唐突だった。署名活動でもやればよかったが、応援団もできたばかりで、まだ体力がなかった」と説明、行動に移せなかったという。しかし、球団創設5年目で、応援団も全国に拡大。今度は球団の思い通りにはいかない。

 10日のロッテ対楽天戦(千葉マリン)では、ロッテファンが陣取る右翼席に「BOBBY2010」、「26(ロッテのファン用背番号)の逆襲」といったプラカードがあったが、楽天応援団も、「これから負け続けて最下位にでもなれば別ですが、本当にそういう(解任の)流れになるなら考えないといけない」と検討。楽天の場合、「野村2010」もしくは「10(楽天のファン用背番号)の逆襲」といったところか。

 2人続けて監督解任となれば、ファン離れが起きるは必至。ロッテ級の大騒動に発展しかねないだけに、楽天フロントも慎重に世論の反応を見極めた方がよさそうだ。
出展:夕刊フジ
posted by 鹿 at 19:49 | 日記


div>