にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ←よかったらプッシュお願いします

電車内痴漢、最高裁で逆転無罪


東京・小田急線の満員電車内で2006年、女子高生(当時17)に痴漢をしたとして、強制わいせつ罪に問われた被告の名倉正博・防衛医科大教授(63)=起訴休職=の上告審判決で、最高裁第三小法廷(田原睦夫裁判長)は14日、懲役1年10月の実刑とした一、二審判決を破棄し、逆転無罪を言い渡した。名倉教授の無罪が確定する。痴漢事件で最高裁が逆転無罪を言い渡したのは初めて。

 同小法廷は満員電車内の痴漢事件について「客観的な証拠が得られにくく、被害者供述が唯一の証拠である場合が多く、特に慎重な判断が求められる」と指摘し、痴漢事件の審理のあり方を初めて示した。同種事件の捜査や公判に影響を与えそうだ。

 判決は五裁判官中3人の多数意見。名倉教授は捜査段階から一貫して否認し、公判でも無罪を主張していた。(07:02) (出展:日経ニュース)

この事件で、おそらく名倉教授の人生はズタズタになったであろうことが推測できます。家族はバラバラ、生活設計は根本から狂い、プライドはズタズタにちぎれたことでしょう。お疲れ様でした。

世の男性にとり、他人事ではない痴漢冤罪事件については、考えさせられます。あまりにも代償が大きすぎるのでは・・・・

超ミニスカート(?)の女子高生に翻弄されるだけだったこの3年間。この女の子に、罰則は果たしてないのでしょうか。警察、検察はさぞ厳しかったのでしょうね?

対策は、電車内では、絶対に女性に近寄らないこと。厳守!!

皆さんも気をつけてください(怖)

posted by 鹿 at 11:48 | 日記


div>