にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ←よかったらプッシュお願いします

国民健康保険団体連合会職員が10億円横領

4127725022.jpg

どんっ(衝撃)おじさんびっくりです。

またまた発覚しました。ずさんな管理体質。

どうして同じような横領事件が次か次に起こるのか?

しかも同じような団体で、

やはりこういった団体では、偉い人は全く仕事をしなく

ても会社へ行くだけで高給をもらえるおいしい特権階級の人達

なんでしょう。天下りの構図と根は同じなのでしょう。

ここの団体職員は親方日の丸で潰れる心配がないのでしょう。

久々に腹立たしいです。何とかならないのかあせあせ(飛び散る汗)


現金出し入れ任せきり 茨城県国保連、巨額着服見抜けず
2008年04月22日22時18分

 茨城県国民健康保険団体連合会(水戸市)に勤務する会計課の元主任(34)=22日付で懲戒免職=が、市町村から集めた保険料約10億円を着服していた問題で、同連合会の石塚仁太郎・理事長は22日に記者会見し、現金の出し入れを元主任に任せきりにしていた実態を明らかにした。元主任は約3年間に同連合会の銀行口座から何度も引き出していたが、元主任が自主申告するまで、巨額着服を把握できなかったとしている。

 同連合会によると、元主任は05年ごろから、上司に無断で会計課の金庫から通帳と印鑑などを持ち出し、同連合会が管理していた20口座の一部から1回あたり100万〜300万円を引き出した。元主任は四半期の監査などの度に、着服した口座の穴を埋めるため、口座間で現金を振り替えていた可能性もあるという。

 元主任は4月1日付で別の部署に異動。会計業務が別の担当者になったことから、着服を隠せなくなったと思い、上司に手紙で着服の事実を伝えた。元主任は「全額を競艇に使った」と説明している。

 10億円の欠損が生じたことについて、同連合会は「当面の業務には影響しない」としているが、元主任からの返却がなければ、「保険料で穴埋めすることになるかもしれない」と説明した。 (asahi.com提供記事)

posted by 鹿 at 23:17 | 日記


div>