にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ←よかったらプッシュお願いします

日本の未来を憂う

本割 包丁【創業110年】家庭用包丁 白鋼 三徳包丁〔 ツバ無 〕 CN530[万能包丁] /包丁/母の日/父の日/ギフト/プレゼント/名入れ/ 【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_名入れ】 クリスマス jk_h - 明治33年創業 本気の切味 實光包丁
本割 包丁【創業110年】家庭用包丁 白鋼 三徳包丁〔 ツバ無 〕 CN530[万能包丁] /包丁/母の日/父の日/ギフト/プレゼント/名入れ/ 【楽ギフ_包装】【楽ギフ_のし宛書】【楽ギフ_名入れ】 クリスマス jk_h - 明治33年創業 本気の切味 實光包丁 

アメリカ人のカーターという鍛冶屋さんの話がTVで放映されていた。なんでも日本でたまたま鍛冶屋さんの作った包丁を見て、その技術に惚れ込み日本で修業し、師匠からその技術の確かさにお墨付きをもらい、アメリカでその技術を生かして作った包丁が超人気で成功しているという番組だったが、その中で日本では鍛冶屋は3Kの職場で、誰もその技術を教わる若者が現われなかったらしい。伝統の技術は何でもそうだが、マスターするのには時間がかかり、忍耐が必要である。その間の苦労に耐えられる人が生き残り伝統を繋ぐ。最近の若者はてっとり早く成果が出るものにしか興味を示さない傾向にあるようである。このままでは日本の伝統技術は滅びるのは時間の問題である。このことは誰もがわかっているのに手をこまぬいているだけであるのが恐ろしい。中国、韓国、アセアンは足音が聞こえるところまで来ている。振り向けば彼らの必死の真剣な形相が見える位置にいるのだろう。日本は幸せになりすぎたので進む道目標を見出せないのではないだろうか。家に帰れば、どのチャンネルをひねってもバカなタレントがどうでもいい話で番組を流している。いつからこんな国になったのだろう。三流国に落ちぶれて悲哀を味会わなければ改善はされないのかな・・・

posted by 鹿 at 17:29 | 日記


div>