にほんブログ村 オヤジ日記ブログ 50代オヤジへ←よかったらプッシュお願いします

65歳まで定年延長を義務化

厚生省は現在60才で定年となると年金をもらえる65才までの5年間は無収入になり生活が苦しくなるので、希望者は全員定年を65才まで延長するよう法制化する方向で動いているらしいですが、どんなもんなんでしょう。

そもそも年功序列の制度が崩れている今、定年という考えがあるのが可笑しいのであって、社会で必要とされる人は70でも80でも働けるだけ働いてOKなのではないでしょうか、その代わり能力の無い働きの悪いものは会社からスポイルされて当然だと思うのですがどうでしょう。

そうすると、必ず勝者はいいが、敗者はどうするの。誰が面倒を見るのということになるわけです。貧富の差が大きくなると暴動が起こり社会不安が高まり、さまざまな弊害が起こることの手当てをどうするかということになります。

20年ぐらい前は確か60才で年金がもらえたのでそんな問題は起こらなかったのに、いつのまにか年金受給年齢が高くなってしまいここにきて、どうしようということになったと思うのですが、役所のすることはいつも遅いですね。少子高齢化という問題も一向に解決される気配もないので、これは日本の将来はやっぱり、お先真っ暗一直線です。

昔の役人はもっと信頼できたのに、今は本当にサラリーマンの役人ばかりで、本気で国のことを考える人は少なくなっているのにも大いに原因があると思われます。なぜそうなったか。役人のほうが民間サラリーマンよりもよりもはるかに給料が高く、退職後の年金も民間よりも優遇され、裕福な生活を送れる環境下にどっぷりと浸かってるからでしょう。公務員の大幅な人員削減と給与の引き下げは日本のガンです。このままだと、あと数年で日本がギリシャのようにデフォルトするのも近いと思います。民主党に橋下新大阪市長のように日本を変える力理念があるとは思えないのは、私だけでしょうか。むかっ(怒り)
タグ:定年延長
posted by 鹿 at 17:24 | 日記


div>